Fandom


うららか おちゃこ

麗日 お茶子
お茶子
ヒーローネーム
肩書き
データ
年齢 15歳
性別
誕生日 12月27日
個性 無重力(ゼログラビティ)
身長 156cm
体重
所属 雄英高校ヒーロー科1-A
好きなもの 星空、和食
呼称
初出 第3話

麗日 お茶子(うららか おちゃこ)は本作のヒロイン。ヒーロー科1-Aの女子生徒、出席番号5。

人物編集

雄英高校の入試でデクと出会い、互いに助けあうことで雄英への合格を果たす。名前の通りの明るく朗らかな女の子。

実家は小さな建設会社を経営しており、不況に苦しむ両親を楽させてあげるのが将来の目標である。地方の出身でたまに言葉がなまる。

好きなヒーローは13号。13号を前にすると興奮してテンションが超上がる。

”個性”のせいでよくゲロを吐く。

容姿編集

ふんわりとしたミディアムボブの髪型で、前髪の両端が長く伸びている。眉がやや太め。ぱっちりとした目で頬がよく赤らんでいる。

制服時は黒いタイツを履いている。指先には”個性”に関係する肉球がある。

ヒーローコスチュームは、宇宙服を模したぴちぴちのスーツにロボットのような大きなブーツを履いたもの。体のラインがはっきりと出てしまうため本人は恥ずかしいらしい。大きなバイザーのついたヘルメットもセット。

性格編集

表裏が無くはっきりとした物言いをする。デクといっしょにいるときには会話をリードする。

物怖じしない性格で、ヴィランに対しても果敢に立ち向かう。

交友編集

緑谷出久
1-Aの友人。雄英高校の入試では互いに助け合いピンチを乗り越えた。
飯田天哉
1-Aの友人。デクをきっかけに仲良くしている。

個性編集

『無重力(ゼログラビティ)』

指先に肉球があり5つ全ての肉球で触れると対象を無重力状態に出来る!
無重力にした物は地球の遠心力によりフワッと浮いたりするぞ!
だいたい3トンくらいが無重力に出来る許容量!
体調、気分にもよるがそんくらいになると酔ってしまう
超過するとゲロを吐くぞ!!
自分を浮かすのは勝手が違うらしく、すぐにゲロを吐くぞ!(第22話表紙 U.A.File.04)

触れた物や人をふわふわと浮かせる”個性”。ヴィランをぶん投げたり、巨大なコンクリート柱を浮かせて振り回すことで攻撃できる。浮遊状態は両手の肉球を合わせることで解除される。

自分自身を浮かせることもできるが、負担が大きく必ず気分が悪くなってしまうため「超必」として温存している。

同名の映画が存在する。

必殺技編集

超必(仮称)
自分自身を浮かせて空中を移動する。短時間の使用でもゲロる。
彗星ホームラン
デクとの連携技。デクが吹き飛ばしたコンクリート片を、コンクリート柱で打ち返す。

戦績編集

  • 雄英高校実技試験
    • 総合順位3位(敵P28、救助P45)、終盤で転倒するもデクを助け救助ポイントを獲得する。仮想敵は浮かせて行動不能にした。
  • 体力テスト
    • 総合順位は20人中10位。
    • 50走7:15(中学時7:28)
    • ハンドボール投げ∞m
  • 戦闘訓練(vs爆豪・飯田)
    • デクとタッグ。中盤で油断して苦戦するも、飯田の隙をついて勝利。
  • 敵連合(vs黒霧)
    • 飯田をサポートするために、黒霧の体を浮かせてぶん投げた。
  • 雄英体育祭(予選:障害物競争)
    • 16位通過。本戦のために超必は温存。
  • 雄英体育祭(本戦:騎馬戦)
    • 4位通過。デク、常闇、発目とチームを組む。発目のサポートアイテムを使って空中を飛び回った。

余談編集

  • たまに出る方言から岐阜や愛知の出身と思われる。
  • 名前の由来はウラビティ(グラビティからGを抜いた)と思われる。
  • A組の他の女生徒に比べてやや太めに描かれている。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。